相続・贈与

            
<目次へ戻る>

贈与税

贈与税の計算方法

−贈与税額の課税価格−
(暦年課税)

その年の1月1日から12月31日までに贈与を受けたすべての財産の価額の合計額となります。

(相続時精算課税)

課税価格は、相続時精算課税に係る贈与者(特定贈与者)毎に計算し、特定贈与者からの贈与金額を合計したものが、課税価格となります。


−贈与税の基礎控除額(暦年課税)−

110万円が贈与税の基礎控除額となります。


−贈与税の特別控除額(相続時精算課税)−

特定贈与者ごとに2,500万円まで(過去において既に特別控除を適用している場合には、 2,500万円からその適用を受けた金額の合計額を控除した残額まで。


−贈与税の配偶者控除−

婚姻期間20年以上の夫婦間において、居住用不動産またはその取得資金の贈与があった場合には、 2,000万円までの金額を配偶者控除として控除できます。配偶者控除の適用を受けるには、受贈財産の要件や申告要件があります。


−住宅取得資金贈与の非課税−

平成22年1月1日から平成23年12月31日までの間に、居住用家屋等を取得するために、 直系尊属(両親・祖父母等)から贈与を受けた場合には、1,500万円までの部分は贈与税が非課税となります。
子の非課税の適用を受けるためには、受贈者、贈与者、家屋等に一定の要件があります。


−贈与税額の計算方法−
(暦年課税)

贈与税の課税価格から基礎控除及び配偶者控除の金額を控除した金額に税率(超過累進税率)を乗じて計算します。

(相続時精算課税)

特定贈与者ごとに計算した特別控除後の課税価格に税率(一律20%)を乗じて計算します。

            
<目次へ戻る>

お問い合わせ メールアドレス
トップへ