相続・贈与

            
<目次へ戻る>

相続税

相続税の計算方法

−相続税額の計算方法−

相続税の計算方法は、相続税の課税価格の合計額から基礎控除額を控除したもの(課税遺産総額)に各相続人の法定相続分を乗じて、 法定相続分に応ずる取得金額を算出し、これらに税率を乗じて(超過累進税率)、一旦それぞれの相続税を計算し、合計します(相続税の総額)。 これに実際に取得した割合(全体の相続財産に対する各相続人が取得した割合)を乗じて各人の相続税を算出するという少し変わった計算方法となっています。 (法定相続分課税方式


−相続税の2割加算−

法定相続人の配偶者または一親等の血族以外の者が、財産を取得した場合(遺言など)には、 偶然性が強い、あるいは孫への遺贈であれば相続税を1回免れるなどの理由によりその者の相続税額は2割を加算した額となります。


−配偶者の税額軽減−

配偶者がいる場合、配偶者が取得した相続財産のうち、 相続財産全体の2分の1か1億6,000万円までのどちらか多い金額までに対応する相続税額は軽減(免除)されます。 配偶者が取得した相続財産がこれらの金額以下の場合、実質的に配偶者に相続税はかかりません。


−未成年者控除−

相続により財産を取得した「法定相続人」が、未成年の場合には、20歳に達するまでの年数×6万円をその者の相続税額から控除することができます。


−障害者控除−

相続により財産を取得した「法定相続人」が、85歳未満で、障害者の場合には、85歳に達するまでの年数×6万円(特別障害者は12万円) をその者の相続税額から控除することができます。


            
<目次へ戻る>

お問い合わせ メールアドレス
トップへ