相続・贈与

<目次へ戻る>

相続税

相続と相続税のあらまし

−法定相続分−

法定相続分とは、相続人が相続できる権利を財産の割合で示したもので、民法に規定されています。
相続人間で遺産分割協議を行う場合には分割協議の内容が優先され、必ずしも法定相続分により分割しなければならないということはありません。 最高限度としてそれだけもらう権利はありますよというものです。

各法定相続分は次のとおりです。なお、養子は実子と同様に扱われます。
@子と配偶者が相続人の場合 子2分の1(複数の場合は2分の1を均等)、配偶者2分の1
A直系尊属と配偶者が相続人の場合 直系尊属3分の1(複数の場合は3分の1を均等)、配偶者3分の2
B兄弟姉妹と配偶者が相続人の場合 兄弟姉妹4分の1(複数の場合は4分の1を均等)、配偶者4分の3

法定相続
<目次へ戻る>

お問い合わせ メールアドレス
トップへ