社会保険・労働保険

労災保険とは・・・

□ 労災保険とは、正しくは「労働者災害補償保険」といいます。
  この名称からもわかるように、労働者が災害にあったときの補償です。
  災害とは、「業務上」あるいは「通勤途上」が含まれ、負傷、疾病、障害、死亡などについて補償が
  あります。
  また、被災労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉を増進するための事業も行っています。

  労災保険は、健康保険や厚生年金保険、雇用保険のように、労働者一人ひとりについての加入手続き
  がありません。
  なぜなら、事業所が労災保険に加入していれば、そこで働いて労働したことに対して賃金の支払いを
  受けている労働者は、自動的に保険の対象になるからです。
  また、労働者には保険料の負担がなく全額事業主負担であることも、健康保険や厚生年金保険、雇用
  保険との大きな違いでもあります。

  労災保険給付の概要は以下のとおりです。


「目次へ戻る」


お問い合わせ メールアドレス
トップへ