不動産

<目次へ戻る>

不動産を取得したときに課される税金

@ 登録免許税(国税庁)

通常、不動産を取得した場合には、法務局で所有権移転登記、保存登記や抵当権設定登記などをします。
この登記に対して課されるのが、登録免許税です。
※住宅用家屋の所有権の保存登記の税率の軽減等の特例があります。


A 不動産取得税(都道府県税)(福井県はこちら

不動産取得税は、不動産の取得につき、その不動産を取得した個人又は法人に対し、 その不動産の所在する都道府県が課する税金です。
この不動産の取得とは、不動産の所有権を現実に取得することをいい、登記の有無は問いません。
また、有償、無償も問いません。(相続等には課税されません。)
不動産取得税申告書の提出が必要なのですが、土地の取得については、税金がかかる場合には、 法務局で所有権移転登記を済ませると、しばらくして都道府県税事務所から納税通知書が送られてきます。
※住宅を取得した場合の軽減措置等があります。


B 印紙税(国税庁)

不動産の売買や建築工事請負の契約書を作成した場合には、その作成した契約書のすべてに印紙を貼り、消印をしなければなりません。
印紙を貼らなくても、契約書の効力には影響はありませんが、 過怠税をとられますのでご注意ください。


C 贈与税、相続税

こちらをご覧ください。

D 消費税

消費税等の課税事業者等から建物を購入すると、消費税等が課されます。
(所得税には、住宅借入金を有する場合の所得税額の特別控除制度があります。)


<目次へ戻る>

お問い合わせ メールアドレス
トップへ