不動産

<<前のページへ
<目次へ戻る>

不動産とは

不動産とは、その名の通り「動かないもの」を指しますが、民法及び不動産鑑定評価基準によると「土地とその定着物」をいいます。

例えば、
  宅地・・・
     更地、建付地、借地権、底地、区分地上権 等

  建物及びその敷地・・・
     自用の建物及びその敷地(自建)、貸家及びその敷地(貸家)、借地権付建物 等

「自建」と「貸家」の違いは、不動産の価格を調べるうえで重要です。
「自建」は、持ち主が自由に利用することができるのですが、 「貸家」は、建物が賃貸借に供されているため、持ち主が直ちに利用することができず、その分価格が安くなります。

そして、不動産の特徴の最大のものは、「地域性」です。
例えば、テレビや家具といった動産が田園調布にあっても、その他の地域にあっても直接の関係はないのですが、 土地や建物のような不動産は、高級住宅街にあるか、それ以外の地域にあるかの違いは非常に重要です。


<<前のページへ
<目次へ戻る>

お問い合わせ メールアドレス
トップへ